アワガミエディショニングペーパー

レビュー

わたしたちの作る紙は、手を加えていただいて初めて紙の役割を果たします。
白い紙を「作品」にしていただく国内外のアーティストのみなさま。
わたしたちは、 アーティストの声に耳を傾けながら紙づくりをしてきました。

阿波紙と版表現展

アーティスト育成もわたしたちの大事な仕事です。
「阿波紙と版表現展」では、2007年より毎年、学生やアーティストの卵に試していただけるような和紙の開発を試みております。「エディショニングペーパー」は、エディション制作をされるアーティストのみなさんに、ぜひ使っていただきたいシリーズです。

田中 茜 Akane TANAKA

1990年 東京生まれ。
2014年 東京造形大学造形学部絵画専攻領域 卒業
2016年 東京造形大学大学院美術研究領域 修了、
現在東京造形大学絵画専攻助手。
主な個展に、2014年 田中茜 個展 (Gallery Gigi) 、2015年 田中茜 個展(JINEN Gallery)。
近年の主なグループ展に、2015年 11 print exhibition (文房堂ギャラリー)、
 KACHOUFUGETSU:FLOWERBIRDWINDMOON(Arena1Gallery/サンタモニカ)、
 第40回 全国大学版画展(町田市立国際版画美術館) 収蔵賞受賞、2016年 ex(Gallery Lara Tokyo)、冬のきおく春のめぶき 田中茜・二井矢春菜展(JINEN Gallery)、第5回FEI PRINT AWARD入選作品展など。

今回出展した作品について

使用した用紙 竹和紙セレクト
技法 リトグラフ、シルクスクリーン

その紙を選んだ理由を教えてください

普段の制作で使用している紙(かきた)に近そうなものを選びました。

「まなざし」竹和紙セレクト

制作時で工夫した点を教えてください

インクの吸収の仕方や発色に気を配りながら制作しました。

「まなざし」竹和紙セレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

和紙特有の紙の柔らかさや落ち着いた発色を楽しめます。
インクの吸い込みがいいので、好みに合わせてドーサを引いたりすると良いと思います。

生嶋 順理Junri IKUSHIMA

1961年熊本県生まれ。
1985年 東京造形大学造形学部美術学科卒業。
1987年 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。
現在 神奈川県在住 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻 教授。
主な個展・グループ展に、1986・88・91年 「クラコウ国際版画ビエンナーレ展」(ポーランド)、1987・89・96年「現代日本美術展」(東京都美術館、京都市美術館、新潟市美術館)、1989年「ソウル国際版画展」(韓国)、1990年「日本国際美術展」(東京都美術館)、「インターグラフィック'90」(ドイツ)、1992年「現代日本版画展」(エドモントンアートギャラリー・カナダ)、1993年「マーストリヒト国際版画展」(オランダ)、1994・97年 「国際版画トリエンナーレ」(マケドニア)、1995年「JAPANESE CONTEMPORARY GRAPHICS 1995」 (TRONDHEIM・ノルウェー) 、2005年「現代版画の潮流展」 (町田市立国際版画美術館、松本市美術館)、2007年「阿波紙と版表現展2007 -7人のプリントクリエイター」(東京)、2008~9年 「和紙の様相2008」(パリ、ブリュッセル、東京巡回)、2010年「版画の色ーリトグラフ」(文房堂ギャラリー)、「Sixth International Triennial of Graphic Arts -Sofia 2010」UBA Art Gallery (Sofia,Bulgaria)など。

今回出展した作品について

使用した用紙 北方グリーン /奉書セレクト
技法 水溶性グラファイトによるフロッタージュ(水噴霧による定着)

その紙を選んだ理由を教えてください

「北方グリーン」は水溶性画材の滲みを利用した制作に試してみたいと考え、薄いが光沢のある紙質が美しく、淡い緑味も魅力があるため。
「奉書セレクト」は水溶性画材の滲みを利用した制作に試してみたいと考え、柔くやや厚みもあるマットな白い肌合いが美しいため。

[上]「air 2016-15」奉書セレクト / [下]「air 2016-14」北方グリーン

制作時で工夫した点を教えてください

「北方グリーン」「奉書セレクト」ともにサイジングがなく水を勢い良く含みました。
繊維が細かいためか、細かなグラファイトの粒子だけが、時間をかけてゆっくり滲み出す傾向があり、楮の和紙に比べると滲みの様子に大きな違いがありました。水分の噴霧は時間を分けて少量ずつ行った方が、滲みの具合を調節しやすいです。
湿した後の乾燥の際に、水張りテープを取る際に紙が壊れため、厚紙に挟んで軽く圧しをして時間をかけて乾燥させました。

「air 2016-14」北方グリーン

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

北方グリーン

雁皮の繊維が多いので、リトグラフや銅版画に向いていると思われるが、湿した場合はインクに繊維が取られる恐れがあります。
バレンで擦る場合は、和紙との間に擦りの摩擦を軽減するフィルムなどを当てるのが良いでしょう。
湿した後の乾燥では、水張りを行うと、テープを取る際に紙が壊れる恐れがあるため、厚紙に挟んで軽く圧しをして乾燥させたが良いと思います。
薄い紙質のため、フロッタージュすると簀の跡が現れる場合があります。

奉書セレクト

バレンで擦る場合は、和紙との間に擦りの摩擦を軽減するフィルムなどを当てるのが良いです。
湿した後の乾燥では、水張りを行うと、テープを取る際に紙が壊れる恐れがあるため、厚紙に挟んで軽く圧しをして乾燥させたが良いと思います。

「air 2016-15」奉書セレクト

櫻井 想So SAKURAI

1987年 宮城県生まれ。
2014年東京造形大学卒業。
2016年現在京都市立芸術大学大学院修士課程在籍中。
主な個展に2014年「collage」(rise gallery)、「modeling」(rise gallery)、2015年「draw」(rise gallery)。
主なグループ展に2014年「飯田翔之介×櫻井想2人展」(rise gallery)、2015年「アーティストブック -それぞれの版表現-」( ギャラリーなつか)、「 PORTO DI STAMPA 」(アートゾン神楽岡)、2016年「stART2016」(gallery16)など。

今回出展した作品について

使用した用紙 白鳳セレクト
技法 リトグラフ

その紙を選んだ理由を教えてください

紙の色が一番白く、モノクロのリトグラフに合うと考えたため。
また表面が平滑で描画が精密に刷りとられる事を期待しました。

「Untitled」白鳳セレクト

制作時で工夫した点を教えてください

紙の色が綺麗に見えるようモノクロのリトグラフにしました。また和紙の風合いに合うようイメージを有機的な形にしました。

「Untitled」白鳳セレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

繊細な描画も刷り取りやすいですのでおすすめです。和紙を使うのは初めてでしたが、版画用という事で表面が平滑で、また柔らかくとても刷りやすかったです。

「Untitled」白鳳セレクト

市野 悠Yu ICHINO

1985年 神奈川県生まれ。
2014年 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業。
主な受賞に、2013年 第38回 全国大学版画展収蔵賞、第9回CWAJヤング・プリントメーカー賞。
主な個展、2013年「襲の鱗」(GALLERY MoMo Projects)。
主なグループ展、2014年「版画の断層_2」(悠創館ギャラリー)、「TETSUSON2014」(BankART)、2015年「第60回CWAJ現代版画展」(東京アメリカンクラブ、神戸倶楽部)2016 年「拝啓、生嶋先生 2016」(かわうそ画廊)、「Kanreki: A 60 Year Journey」 (アメリカ)、「15th Lessedra World Art Print Annual 2016」 (ブルガリア)など。

今回出展した作品について

使用した用紙 文庫セレクト / 竹和紙セレクト
技法 リトグラフ(石版石)

その紙を選んだ理由を教えてください

「文庫セレクト」はインクののりの良さ、「竹和紙」は額なしの展示とのことで、ある程度強度のある紙を選びました。

制作時で工夫した点を教えてください

「文庫セレクト」「竹和紙」ともに、雁皮紙と同様のインクの量・固さ、プレス機の圧力で刷ると、紙にインクがうまくのりませんでした。インクの量を多く、固さを緩くして、当て紙を増やし、プレス機の圧力を強くすると、段々とインクを拾ってくれるようになりました。その分、版の描画部分が壊れやすくなってしまうので、数枚刷る毎に版を休憩させながら少しずつ刷りました。

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

「竹和紙」はインクがのりにくく擦れがちで濃い調整を出すのは難しかったですが、淡い調子は刷りやすかったです。
また「文庫セレクト」はグレーとイエローの石版石で刷りましたが、イエローの方が濃い調子が出やすかったように思います。
和紙の少しざらついたような感触が、リトグラフの砂目と調和していると思いました。

尾形 愛Mana OGATA

1990年 東京都生まれ。
2015年 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域卒業、
現在、東京造形大学大学院造形研究科美術研究領域在籍。
東京造形大学大学院贈経緯研究科美術研究領域2年。
直近の主なグループ展に、直近のグループ展に2015年「山から展」(東京),「アートアワードトーキョー丸の内2015」(東京),「Riot of Flowers」(ロサンゼルス),2016年「名古屋芸術大学×東京造形大学 大学院企画交流展」(愛知)他

今回出展した作品について

使用した用紙 竹和紙セレクト / 白峰セレクト
技法 リトグラフ

その紙を選んだ理由を教えてください

普段リトグラフを制作する際に使用している洋紙(いずみ、かきた)が白いので、和紙の風合いや色味を感じる白峰を選びました。
また、リトグラフの他に銅版の制作をしているので、版種問わず幅広く使用出来る紙を使いたいと考えました。

左:「冬を探す」竹和紙セレクト / 右:「靴下」白峰セレクト

制作時で工夫した点を教えてください

洋紙に刷った際には、紙の表面にインクがのっている感覚がありますが、白峰は程良くしっとりとインクが紙に吸い込まれるように染み込みました。薄いグレーなどハイトーンの色をよく使うのですが、うっすらと生成色でインクの染み込みも良いので、刷りたいイメージの色味より少し明るく色を作って刷りました。 始めのイメージで作った色から刷るごとに明るく調節をしていきました。また、水をよく吸い込むので、刷りの際は水分を少なめを心がけました。

「靴下」白峰セレクト

銅版も刷ってみて

同じ紙で銅版(エッチング)も刷ったのですが、インクがよく刷りとられる印象でした。私はあまり銅版の刷りに慣れていないのですが、きれいに刷れました。その分、油膜が気になったので、拭き取りはしっかりしました。拭き取りをしっかりしないと、微妙に残った油膜も掬ってうっすらムラのようになります。

二井矢 春菜 NIIYA HARUNA

1993年 広島県生まれ。
2015年 東京造形大学大学院 造形学部絵画学科 絵画専攻領域 版表現研究指標 在籍中
。 2015年 東京造形大学卒業制作展 ZOKEI賞、第39回全国大学版画展 収蔵賞 受賞。
主な個展・グループ展に、2014年「press」文房堂ギャラリー(東京)、2015年JINENGALLERY(東京)、「山から展」GALLERY LARA TOKYO(東京)、「美美たるもの」遊美工房(岡山)、 2016年「冬のきおく 春のめぶき展」JINEN GALLERY(東京) など。

今回出展した作品について

使用した用紙 白鳳セレクト
技法 シルクスクリーン

その紙を選んだ理由を教えてください

普段使っている紙(かきた)と同じくらいの厚みがあり、自分の制作スタイルが一度紙全体にインクを刷るので、なるべく厚い紙の方が扱いやすいため。

左:「頭の中の草原」白鳳セレクト / 右:「みちくさ」白峰セレクト

制作時で工夫した点を教えてください

和紙の質感を生かしたいと思い、インクに透明色を混ぜ、和紙の地が残るようにあまりインクを厚く刷らず、紙に染み込ませているように見えるよう工夫しました。

「みちくさ」白峰セレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

紙の面の毛羽立ちが目立ちやすかったです。
何度も刷り重ねたり、紙を湿してインクが乗りやすくする工夫をした方がいいと思われます。

下山 健太郎 Kentaro SHIMOYAMA

1990年 東京都生まれ。
2014年 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業、2016年 東京造形大学大学院美術研究領域修了。
主なグループ展に、2010年「 猿の絵」(ギャラリー石)、2011年「KIRITUMA」(キリツマ)、2014年「祈りのグラデーション」(zokeiギャラリー)、「Japan - Thailand Art Student Exhibitio」(チェンマイ大学 / タイ)、「跳ねる土」(HIGURE17-15cas)、2016年「夏の採光」(木島平村中町展示館)、「ZOKEI展 インナーマッスル、アウターキャッスル」(東京造形大学)。
2016年、レジデンスとしてアーティストインレジデンス木島平に参加。

今回出展した作品について

使用した用紙 白鳳セレクト/北方セレクト
技法 水性モノタイプ

その紙を選んだ理由を教えてください

水性モノタイプという表現用として、厚みがあり水分を多く含みそうであったため。

「small sea」ほか
左:北方セレクト/右:白鳳セレクト

制作時で工夫した点を教えてください

湿し方は、水を多く含んだ紙に約24時間挟みこむような形で湿らせました。
水を多く含みますので、紙の水分量を調整するのが難しかったです。

「small sea」ほか 白鳳セレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

湿らして使う方は水を多く吸収しますので、注意して使用ください。紙の色味はコットンのように白く張りがあり、水彩の発色はとても良いです。

「small sea」ほか 白鳳セレクト

Daniel Heyman

1963年ニューヨーク州生まれ、ロードアイランド在住。
2004年よりロードアイランド・スクール・オブ・デザインにて、2010年よりプリンストン大学にて教鞭を取る。2009年グッゲンハイム・メモリアル財団フェローシップ(ファインアート部門)、ピュー・フェローシップなど多くの奨学金プログラムを授与。
作品は現在個展が開かれているケイド・トプキンズ・プロジェクトで見られる。
http://www.cadetompkins.com/artists/daniel-heyman/
作品はアメリカ国内有数の美術館、ギャラリーにて展示や収集がなされ、現在セントルイス美術館で展示中である。

今回出展した作品について

使用した用紙 楮 未晒セレクト
技法 水性木版

その紙を選んだ理由を教えてください

紙は楮繊維が多いことで強靭でした。 また、紙の自然な色が好きでした。

「Woodblock Doodle」楮 未晒セレクト

制作時で工夫した点を教えてください

水性木版画なら水に浸すでしょうか?私は湿らせただけです。まずウサギニカワでドーサ引きをして、完全に乾燥させた後、刷る前に紙を湿らせました。伝統的な木版画技法で水性インキと糊を使用します。

「Woodblock Doodle」 楮 未晒セレクト

この紙を使ってみて

この紙はインクをきれいに吸取り、強靭であるためバレン刷りにも充分応えてくれました。 この紙はプリントするだけも美しいと感じました。

「Woodblock Doodle」 楮 未晒セレクト

YU JIN

1995年中国山東省生まれ。
2014年中国よりアメリカへ渡り、現在ロードアイランド・スクール・オブ・デザインにて学士課程在籍中、彫刻および版画専攻。
最近の主なグループ展に、2015年「Black & White National Juried Art Show」(ニューヨーク州ブルックリン)、「Nebraska National Collegiate Juried Art Exhibition」(ネブラスカ州リンカーン)、「SINAMERICA I」(ニューヨーク州ニューヨーク)、2016年「Stream: Chapter 3」(バーモント州サウスウィンダム)、「EMERGING ARTISTS: New and Emerging Art」(ニューヨーク州ハドソン)、「RISD Foundation Studies Triennial Exhibition」(ロードアイランド州プロビデンス)がある。

今回出展した作品について

使用した用紙 竹和紙セレクト
技法 エッチング

その紙を選んだ理由を教えてください

エッチングのために、目の詰まっている紙を選ぶ傾向があります。
私が使用した紙はこれらに適応し、エッチングには非常に良かったです。

「WHAT ARE YOU LOOKING AT?」竹和紙セレクト

制作時で工夫した点を教えてください

プリントはそれぞれは11の圧力で凹版印刷機を一回通しました。版は写真凹版技術を適用した亜鉛板である。 紙はインクをうまくキャッチしてくれました。

「WHAT ARE YOU LOOKING AT?」竹和紙セレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

繊維が非常に短いので、紙を水に浸すのは3分で充分繊維が伸びます。
私はこの種の紙がハイドロコート版にとても良いと思います!

Joanna Cortez

1990年カリフォルニア州エクスコンディード生まれ。
現在ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン学士課程(美術)在籍中、2017年に卒業予定。
リトグラフ、レリーフ、凹版印刷を学ぶためカリフォルニアからロードアイランドへと移った。
現在はレリーフ製法を中心とに制作を行う。
2015年、2016年には優秀な版画製作が認められG.W.ホッジ・リッチー奨学金を授与される。

今回出展した作品について

使用した用紙 楮 未晒セレクト
技法 エッチング

その紙を選んだ理由を教えてください

少し透明感があったので。

「Flowers/Lace」 楮 未晒セレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

20枚の印刷物のうち、紙が版にくっついて毛羽だってしまい、プリントの1つが台無しになってしまったのは、たった1つの事例だけでした。
油性インクを使っているので版への付着はもっと多いと思っていたが、思っていたほどではなかった。 ←表面強度がもう少しほしいという意味と解釈

「Flowers/Lace」 楮 未晒セレクト

この紙を使ってみて

銅版画に使いやすい紙でした。通常はプレス機を使いますが、この用紙は手刷りで刷り取れるくら薄いので プレスは必要ありません。
油性インクを充分使った時のインクの広がり方を楽しみました。

「Flowers/Lace」楮 未晒セレクト

M. Benjamin Herndon

1985年北カリフォルニア山脈生まれ。
2012年ニューヨーク・シティーのスクール・オブ・ビジュアル・アーツの学士号(美術)取得。2016年ロードアイランド・スクール・オブ・デザインにて修士号(美術)取得。同年バーモント・スタジオ・センターおよびジョセフ・アンド・アニ・アルバーズ財団のレジデンスプログラムに合格する。 主なグループ展に、2016年「New Contemporaries」(ロードアイランド州プロビンス)、ハイポイント・センターにて「Stand Out Prints」(ミネソタ州ミネアポリス)、インターナショナル・プリント・センター・ニューヨークにて「New Prints/Winter」(ニューヨーク・シティー)、ジャージーシティー美術館にて「Vanishing Point」(ニュージャージー州)がある。

今回出展した作品について

使用した用紙 おかわらセレクト
技法 エッチング、ドライポイント

その紙を選んだ理由を教えてください

柔らかい象牙色と滑らかな表面にが魅力的。楮とアルファセルロースの柔軟性と艶やかさを持っていたため。

「Untitled」おかわらセレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

オカワラを湿らせ、エコロン(ナイロンマイクロファイバー)をラシャとして摺りました。 オカワラは一貫して私のドライポイントプレートのすべてのディテールを拾った。 印刷後は同じように、滑らかな表面を持って乾燥出来た。

「Untitled」おかわらセレクト

Siyu Chen

1996年中国上海生まれ。
現在ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(アメリカ)のペインティング専攻で学士課程(美術)在籍。RISDではリトグラフ、日本の木版画、レリーフ印刷を学ぶ。

今回出展した作品について

使用した用紙 北方グリーン
技法 油性木版

その紙を選んだ理由を教えてください

私は紙との最初の出会いの間に自然の緑の色にすぐに引き寄せられました。
私はいつも和紙や漢字を版画に使うことを好みます。
なぜなら、自然に染める色が多く、インクをあまり吸収しないタイプが多いからです。
私は紙の色と質感を作品の一部にしたい。
また、北方グリーンにはいくつかのガンピが入っているので、私は自分のコラージュやコラージュをやりたい場合に使うのが理想的だと思います。

「Utopia Craver」北方グリーン

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

このペーパーは、油性インキで使いやすいです。
プレス機でも使えます。私はプレス機でのプリントも試しましたが仕上がりは美しく良かったです。
紙が薄いので、雁皮刷りかコラージュに向いています。
しっかりした雁皮摺りには向いていないかもしれず、紙が薄いのでシワが入りやすいです。

「Utopia Craver」北方グリーン

作品について

このプリントは、北方グリーンペーパーでいくつかの異なるプリントから作りコラージュしています。 紙は油性インキに良好。 私のプリントは完全に手刷りで、紙はよくインクを吸い取っています。 私は個人的にはあまり吸収性がある紙ではなく使いやすいです。プリントの色が過度に飽和していないのも良い。

「Utopia Craver」北方グリーン

Anna Benjamin

1991年ニューヨーク・シティー生まれ。
2013年ハバフォード大学にてファインアート専攻学士号取得。
現在ロードアイランド・スクール・オブ・デザインにてプリントメイキングの分野で修士号(美術)取得を目指す。
主なグループ展にフライシャー・アート・メモリアルでの「Annual Faculty Exhibition」(フィラデルフィア)、サード・ストリート・ギャラリー「Philadelphia Community Exhibit」(フィラデルフィア)、ザ・アベニュー・ギャラリー「Making our Mark: Philadelphia Printmakers」、F&Nギャラリー「April First Friday」(フィラデルフィア)、カンター–フィッツジェラルド・ギャラリー「Fine Arts Senior Thesis Exhibition」(ペンシルベニア州ハバフォード)がある。

今回出展した作品について

使用した用紙 楮セレクト
技法 油性木版(紙を湿さずに手刷り)

その紙を選んだ理由を教えてください

ニュートラルで、明るい白ではなく、少し素材感があるのが良かったです。白いプリント(インク)の制作に最適でした。

「Same but different 」楮セレクト

この紙を初めて使う人へのアドバイスをお願いします

繊維のムラが感じられます。

「Same but different 」楮セレクト