使用実例作品紹介

「和室のリフォーム・襖紙に和紙壁紙「A-WALL(アウォール)」

「和室のリフォーム・襖紙に和紙壁紙「A-WALL(アウォール)」

アワガミファクトリーの和紙壁紙の「A-WALL(アウォール)ベーシック」は、壁紙としてだけでなくて、建具などにもよくお使い頂いています。

和風でありながら個性的な意匠や配色もあります。

今回、アワガミファクトリースタッフの自宅のリフォームに使った一例をご紹介いたします!

 

 

まず、襖は戸袋と合わせて、稲藁を大きく残し土壁調の質感が個性的な「棕梠(シュロ)AW6-5026」を。

 

 

 

引戸には、和紙の主原料である楮の繊維を、やはり長く残して大胆にあしらった「雲龍 AW6-5150」を。

色味的にはベーシックですが、太筋で荒々しく残した楮繊維により、存在感のある1点です。

 

 

 

 

今回、 和室のこの位置をリフォームしました。

こちら、ビフォー風景です。

 

 

 

そして、アフターがこちら。

 

 

個性的な素材と配色を選んだことで、かなり部屋の印象が変わりました!

 

今回の貼り替えは、「表具工房 楽(らく)」さんにお願いしました。

http://hyougu-raku.art.coocan.jp

 

襖の貼り替えを見た事がなく、自社製品でもあるのでぜひ見学させてもらいたいとお願いしましたら、快く受けて頂きました。
その様子をムービーにまとめましたのでご覧下さい。

 

 お家で過ごす時間が増えた事で、いろいろとアレンジされたり家具を追加されたりする方も増えていると聞きます。

確かに、気分も新たに居心地の良い空間になりました。

襖紙の貼り替えはリフォームの中でも最も気軽にトライできますので、ぜひトライされてみてください!

使用した用紙
雲龍 AW6-5150、棕梠 AW6-5026