使用実例作品紹介

竹和紙といんべを使ったペーパースクリーン版画

竹和紙といんべを使ったペーパースクリーン版画

ka-chi-Coさんのペーパースクリーン版画をご紹介します。

まずは個展の様子から。

 

 

 

 

このたび個展でアワガミの「竹和紙」「いんべ」を使った作品を出展されました。

菊と馬をモチーフに気品あるやさしい趣にと今回、和紙をお選びいただいたそうです。

 

 

 

「アワガミファクトリーの和紙の柔らかさは、心を込めるに相応しく、まるで胡粉を使ったような表現が生まれ、

制作しながら、その静かで優雅な美しさに心が休まります。これからもずっと使い続けたいと思っております。」

と、評価いただきました。

 

 

「ペーパースクリーン版画」という技法についてご存知でしょうか。

日本で生まれ育った現代版画で、版式は孔版に分類されます。

「紅型」「謄写版」「ステンシル」の仲間です。

特殊加工された典具帖和紙に(インクを透過する)、グランド原紙や、クレヨンで版を塞ぎ(インクが出ない部分

を作る)、これを綿密に繰り返して版を重ねます。

作品完成までに一貫して、ほぼ同じ版を使うため(塞いだ部分は復活できない為)後刷りができず、希少性がある

のも、ペーパースクリーン版画の特徴です。

 

 

使う紙による仕上がりの比較としてお写真をいただきました。

 

 

タイトル『ふるう』ー ケント紙をご使用

 

 

タイトル『震う』ー 竹和紙後使用

 

 

        

 

 

最後にご紹介する作品は、いんべを使った作品です。

やわらかな色合いに今回のテーマである「菊と馬」が施され 、

色の変化で『春の雪』(上)と『夏雲のかなた』(下)を表現された素敵な作品です。

 

  
                 

 

 

 

ka-chi-CoさんSNS情報:
Instagram  kachi_psp
Twitter   @Kachi_ps
制作者
ka-chi-Co
作品名
「空心」(一番上の青い作品)
使用した用紙
竹和紙(版画用・AIJPインクジェット用)、いんべ(ファインアートP)
技法
ペーパースクリーン版画