使用実例作品紹介

楮二層紙を使った藍染めラベルのお酒

楮二層紙を使った藍染めラベルのお酒
「6月頭、小雨の降る中ようやく遅い田植えが終わりました。
これからしばらく雑草との戦いです。」
と、田植えのお写真と共に、お便りいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、とても初夏らしいブルーのラベルが美しい、久米桜酒造「純米酒 軽妙洒脱」をご紹介します。
軽妙洒脱 =  けいみょうしゃだつ
「軽やかで洗練されていること。垢抜けていて爽やかなこと。」
という意味があるようです。
この名前の通り「飲み心地が爽やかでスッと染み入る」「ブレンドのお酒で1つのお酒では表現できない味わい深さや豊かさを感じる」など、大絶賛で、藍染めラベルは限定ということもあり、かなりの品薄状態のようです。

 

 

 

こちらが、お米作りから、お酒造り、最後の仕上げのラベルまで、手作りされるスーパー杜氏の三輪さんです。

 

 

 

ズラッと並んだ「藍染め」のラベル。

 

 

 

 

こちらは島根県安来市の天野紺屋のご主人が染められた見本です。
三輪さんはこの紺屋さんで、和紙を染めさせてもらってるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ラベルを貼って仕上げられた「純米酒  軽妙洒脱」

レーザープリントで刷られた面(一番左)と、藍染めの面(左から二番目より右側)で、ダブルのラベルになっています。

 

 

 

 

お米からラベルまでていねいに手をかけて造られた久米桜酒造さんのお酒はこちらでお買い求めいただけます。
有限会社山枡酒店
http://yamamasusaketen.cart.fc2.com/?ca=62

 

日本酒だけではなくビールも造っていらっしゃいます。
久米桜酒造・久米桜麦酒(大山ブルワリー)
http://g-beer.jp/

制作者
久米桜酒造
作品名
久米桜 生酛純米酒 「軽妙洒脱」
技法
藍染め、レーザープリント
プリンター
複合機╱ 富士ゼロックス Docu Centre-IV C2260
プリンターの設定について
手差しで和紙の裏面へ印刷(裏面の風合いが表面よりも表情豊かな為) 定期的なローラーのクリーニングが必要。