きょうせいし なのはないろ 強制紙 K-53 菜の花色

手揉みでしわ加工を施した強度・耐久性のある和紙です。

『なのはないろ』 〜名前の由来〜
菜の花すなわち油菜(あぶらな)の花のような、明るくクールな黄色に用いられる。戦国時代に灯油が荏胡麻(えごま)油から菜種油に変わったといわれる。だから日本の春の田園風景を彩る菜の花畑は、それ以降に出現したのである。菜の花はアブラナに限らず、花が良く似ている蕪(かぶ)、小松菜なども一般に区別せずにいう。菜種色ともいわれるが、菜種色はオリーブ色に近い黄色の菜種油をも指す。*手染めのため、多少の色違いが生じることがあります。

こちらは、まとめ買いが可能な商品です。10枚、50枚、100枚で単価が変わります。

きょうせいし なのはないろ強制紙 K-53 菜の花色

※裁断可能な製品です。

商品番号

5153000

重量
88g/m2
原料
楮、木材パルプ
にじみ止め
無し
四方耳付き
規格
入り数
価格
(税込)
購入数
900×600mm
通常価格
¥902
販売価格
¥902
通常価格
単価
あたり 
通常価格
¥8,560
販売価格
¥8,560
通常価格
¥9,020
単価
あたり 
通常価格
¥40,550
販売価格
¥40,550
通常価格
¥45,100
単価
あたり 
通常価格
¥76,600
販売価格
¥76,600
通常価格
¥90,200
単価
あたり 
獲得ポイント
- ポイント