「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」

「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」

[ Kabuki Actor Ōtani Oniji as Yakko Edobei ]

 

東洲斎 写楽 / Tōshūsai Sharaku

 

江戸時代中期の浮世絵師 東洲斎写楽(生没年不詳)は、約10ヶ月という短い期間に精力的に活動をして姿を消した、謎の絵師として知られており、現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの役者、斎藤十郎兵衛とする説が有力となっています。本作は寛政6(1794)に河原崎座で上演された演目「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)」を取材し、三世大谷鬼次が演じた「奴江戸兵衛」を描いた作品と言われており、その役者の表情と両手の表現が個性的です。

 

本画はメトロポリタン美術館が所蔵する37万点あまりのパブリックドメインの画像より厳選した日本の名画より抜粋し、中性紙であるAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)を用いてプリント制作を行った、アーカイバルピグメントプリントです。

 

用紙:AIJP 楮二層紙

プリンター:CANON ImagePROGRAF PRO-1000

所蔵:メトロポリタン美術館

作品サイズ:紙:290x420mm/イメージ:約250x379mm

 

※ たとう紙に入れてお送りします。

「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」

商品番号

8900115

規格
入り数
価格
(税込)
購入数
305×430mm
1個
通常価格
¥4,950
販売価格
¥4,950
通常価格
単価
あたり 
獲得ポイント
- ポイント